私自身「助けて」と言えて救われましたーゆあsalon BCR體 早稲田・神楽坂・江戸川橋

こんにちは!
ゆあsalon Body Care Room 體~KARADA~
代表の野口由里絵です

本日もブログにお越し戴き、本当にありがとうございます。

 

本日は、
【「助けて!」を言える勇気】

についてお伝えします。

この2ヶ月間くらい私自身が体調を崩していまして、
その間に気づいたこと、感じたことをお伝えできればと思います。

 

現在、私自身が妊娠28週で、妊娠後期に入った頃になります。

 

おかげさまで、つわりや腰痛などのトラブルはなかったのですが、
ただ一つ大変だったことがありました。

 

それは、妊娠中のアトピーの悪化です。

 

夜眠れないくらいかゆい日々が続いたり、
顔が真っ赤になってしまっていました。

 

その間辛かったことは、
生活に支障が出るくらいになってしまって、

仕事も手につかないですし、
家のことも全然できるような状況で、

自分が一日過ごすことが精一杯な状態でした。

 

私の性格上、あまり人に助けてと言えず、
強がりな部分もあり、
なかなか人に頼るということができなかったのですが、

ある方に身体的にも精神的にもピークだから、
親にヘルプを頼んでみたら?
とアドバイスをいただきました。

 

ちょうどその時が私自身が身体的でなくて、
メンタル的にもマックスな状態で、

情緒不安定だったりとか、
過呼吸になってしまったりというのがあったので、

ようやく母親に、
泣きじゃくりながら「助けて」と電話をしました。

 

現在は実家にお世話になっているのですが、
おかげさまで少しずつ夜も眠れるようになってきましたし、

活動量もわずかに上がってきています。

 

今まで見てきたお客様もそうなのですが、
「助けて」を言えない方が多いなと感じました。

 

肩こり・腰痛・頭痛もそうですし、
女性でしたら生理痛や更年期の悩み、
また妊活がなかなか進まなくて

体の症状とともに心のストレスもあると思います。

その時にその感情を自分の中に閉じ込めるのではなくて、
身近な人や親に吐き出すと良いです。

また私で良ければ頼っていただきたいなと思いました。

やはり、感情を吐き出すことで、
結構楽になります。

ちょっとしたことではあるのですが、
なかなかできないことではあると思います。

ですが、
「助けて」と言える勇気を持つことも大切だなと感じました。

 

もし、私と関わる機会があれば、
ご自身が想うこと、悩みを打ち明けていただければと思います

 

そういう整体サロンでありたいと思います。

 

ただただ、症状を見ていくというのではなく、
心も体も繋がっていますので、

体の症状だけでなく思っている心のことも伝えていただけると、
一緒に考えたりもできますので、
遠慮なく言っていただけると嬉しいなと思います。

「整体」というと、
体しか見ないというイメージがありますが、

心と体の両面からサポートさせていただければと思います

本日も最後までご覧いただきありがとうございます

———-*———-
**Instagram / Facebook / Twitter**
—公式ホームページはこちら—
**ゆあsalon BodyCareRoom體〜KARADA〜HP**
—ヨガクラスのページはこちら—
**ゆあsalonのヨガクラス**
———-*———-
こちらから誰でも直接私宛に
ご相談・ご予約のLINEが可能です
どんなことでもご相談くださいね友だち追加
———-*———-